弁護士法人二見・山田総合法律事務所

JR神田駅より徒歩5分の場所にある、弁護士法人二見・山田総合法律事務所の特徴について紹介しています。債務整理の費用についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

弁護士法人二見・山田総合法律事務所の評判

弁護士法人二見・山田総合法律事務所の口コミや評判は見つかりませんでした。

弁護士法人二見・山田総合法律事務所の債務整理費用

  • 相談料:無料
  • 分割対応:相談者の生活状況に適した長期分割にも対応可能

弁護士法人二見・山田総合法律事務所の自己破産

  • 着手金 18万円(+税)~
  • 報酬  18万円(+税)~
  • その他費用 管財手続の場合は管財人に対して20万円から。予納金・印紙代・郵券・交通費・日当

弁護士法人二見・山田総合法律事務所の個人再生

  • 着手金 18万円(+税)~
  • 報酬  18万円(+税)~
  • その他費用 再生委員選任の場合 再生委員に対して15万円から。住宅ローン特別条項適用事案は別途相談。予納金・印紙代・郵券・交通費・日当

弁護士法人二見・山田総合法律事務所の任意整理

  • 着手金 1業者あたり2万円(+税)/商工ローン・不動産担保などの特殊案件:1業者あたり5万円(+税)
  • 報酬  基本費用1業者あたり2万円(+税)/減額報酬なし
  • その他費用  減額報酬はなし
    ※分割弁済金代理送付手数料は1件1回につき1,000円(+税)(金融機関の手数料を含む)

弁護士法人二見・山田総合法律事務所の過払い金請求

  • 着手金 無料
  • 報酬  過払い金の返還を受けた金額の20%(+税)/訴訟時は25%(+税)
  • その他費用 減額報酬0円
弁護士に頼みたくてもお金がない…

債務の返済に追われていて弁護士事務所に問題解決を依頼したくても、そのお金が無いとお困りの方も多いことでしょう。そんな時には、相談無料の弁護士事務所がお勧めです。

弁護士法人二見・山田総合法律事務所の特徴

相談料無料・弁護士費用の長期分割可能。依頼者を考慮した料金システム

弁護士法人二見・山田総合法律事務所の債務整理では、依頼者の立場を考慮した料金システムを採用しており、相談は無料でできるほか、弁護士費用の長期分割にも対応可能です。

依頼者の負担を考え、生活状況に応じて無理のない範囲での支払いができるよう配慮しています。

弁護士と士業のチームで借金問題に迅速に対応

弁護士法人二見・山田総合法律事務所には2名の弁護士が在籍しています。代表弁護士である山田晃義弁護士と、顧問弁護士である二見敏夫弁護士です。さまざまな悩みをもつ依頼者に丁寧に対応し、問題解決へと尽力しているのが特徴です。

また、弁護士法人二見・山田総合法律事務所では借金問題に対し、弁護士と士業チームによる迅速な解決をおこなっています。

債務整理には任意整理や自己破産、個人再生などさまざまな種類がありますが、依頼者の状況によって最適な解決方法は異なるものです。そのため弁護士法人二見・山田総合法律事務所では経験豊富な弁護士だけではなく、提携している司法書士や行政書士、税理士や社労士、ファイナンシャルプランナーなどの士業とチームを組んで対応。借金問題をより早く解決できる体制を整えています。

相談することで借金の取り立ては即日ストップされます。また「誰にも知られずに債務整理をしたい」「住宅を手放さずに借金や利息を減らしたい」といった悩みにも対応してくれるため、一人で抱え込まず、まずは相談してみるとよいでしょう。

代表弁護士:山田晃義

所属弁護士会・登録番号:東京弁護士会所属 登録番号37978

  • 2008年 弁護士登録

弁護士法人二見・山田総合法律事務所の債務整理の事例

債権者一社のみでも小規模個人再生の認可に成功

FX取引で4,000万円もの損失をつくり、証券会社から請求を受けていた依頼者。支払いは困難であり、通常なら破産の手続きをとるものの、数年前に破産の免責を受けていたため、小規模個人再生をする方法しかありませんでした。

依頼者はほかの弁護士事務所にも相談していたものの、債権者である証券会社の同意を得ることは困難だと判断され、引き受けてもらえなかったようです。

しかし、弁護士法人二見・山田総合法律事務所の山田晃義弁護士は「債権者の同意を得ることは十分可能である」と判断し、債権者である証券会社に十分な説明をして理解を得ることに成功。結果、全負債の13%ほどにあたる600万円を5年分割で支払う条件を取り付けられました。その後個人再生の申し立てをおこない、再生計画が認可されました。

引用元:弁護士ドットコム(https://www.bengo4.com/tokyo/a_13101/l_128458/#pro1_case)

不可能だった住宅ローンの返済条件変更を民事再生で可能に

不景気により賞与をカットされてしまった依頼者。住宅ローンを抱えており、賞与加算の支払いが困難になってしまいました。金融機関に返済の条件変更を申し込んだものの、サラ金や信販会社から500万円の借り入れがあり申請が通りません。

そこで民事再生手続きをおこない、住宅ローンの条件変更を申請。ローンを均等払いに変更できたほか、500万円の借金も80%カットされ、100万円まで減額されました。

引用元:二見・山田総合法律事務所公式HP(https://www.saimusoudan.jp/saimu/minzi_case.html)

弁護士法人二見・山田総合法律事務所の基本情報

事務所名 弁護士法人二見・山田総合法律事務所
代表弁護士 山田 晃義
所属弁護士会 東京弁護士会所属
所在地 東京都千代田区内神田1-11-10 コハラビル303
アクセス JR「神田駅」より徒歩5分
電話 0120-360-332