債務整理のローンの影響

ここでは、債務整理を行った場合のローン(住宅ローンやマイカーローン)への影響について、詳しく解説しています。支払い中のローンがあり、債務整理を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

債務整理のマイカーローンへの影響

まずは、債務整理がマイカーローンに与える影響について、詳しく見ていきましょう。

マイカーローンも債務整理できるの?

結論から言うと、マイカーローンを債務整理の対象にすることはできます。

しかし、対象にした場合は、多くのケースで車を回収されてしまう(引き上げられてしまう)ことを知っておきましょう。

債務整理の方法(自己破産・任意整理・個人再生・特定調停)別に、ローン支払い中の車がどうなるかを詳しく解説しているページがあるので、ぜひそちらを確認してみてくださいね。

債務整理で車を残せるかについて詳しく見る

債務整理後に車のローンは組めるのか

債務整理を行うと、信用情報機関に事故情報として記載される(ブラックリストに載る)ため、新たに車のローンを組むことはできなくなります。

事故情報が抹消されるまでには5~10年ほど(債務整理の種類によって異なる)かかるので、ローンで車を買いたい場合には、その期間が過ぎるのを待たなければなりません。

債務整理の住宅ローンへの影響

続いて、債務整理が住宅ローンに与える影響を詳しく見てみましょう。

住宅ローンも債務整理できるの?

住宅ローンも、マイカーローンと同じように債務整理の対象にすることは可能です。

しかし、債務整理の対象にした場合、家を失うリスクもついてきます。

そのため、債務整理の方法については、慎重に検討する必要があるでしょう。

債務整理の方法(自己破産・任意整理・個人再生・特定調停)別に、住宅ローンを組んでいる持ち家がどうなるのかを詳しく解説しているページがあるので、ぜひ確認してみてくださいね。

債務整理で住宅を残せるかについて詳しく見る

債務整理後に住宅ローンは組めるのか?

上で説明した債務整理後のマイカーローンと同様、債務整理を行うと、住宅ローンもしばらくは組めなくなります。信用情報機関に、事故情報として記載される(ブラックリストに載る)からです。

繰り返しになりますが、事故情報が抹消されるまでには5~10年の期間がかかる(債務整理の種類による)ので、住宅ローンを利用したい場合には、その期間を待つ必要があります。