車は残せるのか

「債務整理を考えているけれど、ローン支払い中の車はどうなるの…?」と疑問に思っている方も多いでしょう。

車を残せるかどうかは、債務整理の方法(自己破産・任意整理・個人再生・特定調停)によって異なります。以下に、それぞれの場合で車がどうなるのかをまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

「自己破産」でローン支払い中の車はどうなるの?

自己破産の手続きを選んだ場合は、原則として、ローン支払い中の車を手元に残すことはできません。

ただ、既に完済して車のローンが残っていない場合は、手元に残せる可能性もあります。ポイントとなるのは、その時の車の時価。時価が20万円以下の車であれば、そのまま所有を続けることができます。

「任意整理」でローン支払い中の車はどうなるの?

支払い中のローンについて、これまで通り支払いを続けられるのであれば、“任意整理の手続き対象外にする”ことで車を手元に残せます。

しかし、ローンを返済していくことが難しい場合は、任意整理の対象にせざるを得ないため手元には残せないでしょう。つまり、個人の収支状況によって異なるのです。

ちなみに、ローンを既に完済していたり、一括購入している場合であれば、問題なく車を手元に残せます。

「個人再生」でローン支払い中の車はどうなるの?

個人再生の場合は、“車の所有権が留保されていないケース”に限って、手元に車を残せる可能性があります。

ローンを組んで車を購入する場合、通常は、万が一ローン返済が滞ったときにローン会社側が車をすぐ引き上げられるような決まりを設けます。これが「所有権留保」です。つまり、ローンが無事完済するまでは、車の所有権はローン会社側にあるということです。この場合は、車を手元に残すことはできません。

しかし、まれに「所有権留保」が設定されていないケースもあり、このケースであれば、車の引き上げを拒否することができます。

そのため、車を残したまま個人再生をしたい場合は、カーローンに所有権留保が設定されているかどうかを確認しましょう。

「特定調停」でローン支払い中の車はどうなるの?

全債権者に対し特定調停を申し立ててしまうと、車の所有権がローン会社にある場合(「所有権留保」の場合)は、車が処分され債務に充てられます。

しかし特定調停は、特定の借入先に絞って申し立てることができるため、車のローンを手続きの対象から外すことが可能です。車を残したい場合は、車のローンは特定調停の対象から外しましょう。