弁護士法人 リーガル東京

弁護士法人 リーガル東京は、弁護士に加えて、ほかの専門家が在籍していることを強みとしています。ここでは、評判、債務整理費用の目安、事例などについて詳しく紹介していきます。

弁護士法人 リーガル東京の口コミ評判

  • 「相談者の立場を尊重して、親身になって聞き取りをして最善の解決方法を導き出してくれます。なんでもっと早く相談に行かなかったのだろうと後悔しています。悩んでいる人はまずは連絡してみてください。必ず
    力になってくれますよ。」
    引用元:google口コミ(https://www.google.com/search?sxsrf=ALeKk00VK7GMIHoOurRd_phnv80F94nelw%3A1595805938693&ei=8hAeX83CKcqEr7wPgfq5wA8&q=リーガル東京+弁護士&oq=リーガル東京+弁護士&gs_lcp=psy-ab&ved=0ahUKEwjNg-ywiOzqAhVKwosBHQF9DvgQ4dUDCAw&uact=5#lrd=0x60188bef100a6727:0xef5ab922ea0fe0cf,1,,,)
  • 「困っていることがあり相談に行きました。女性の代表弁護士の方が親身に相談に乗って下さいました。 もやもやしていたことを適切に整理していただき、最善のアドバイスを受けることが出来ました。
    引き続き相談したいとおもいました。相続関係は非常に詳しい感じがしましたよ。」
    引用元:google口コミ(https://www.google.com/search?sxsrf=ALeKk00VK7GMIHoOurRd_phnv80F94nelw%3A1595805938693&ei=8hAeX83CKcqEr7wPgfq5wA8&q=リーガル東京+弁護士&oq=リーガル東京+弁護士&gs_lcp=psy-ab&ved=0ahUKEwjNg-ywiOzqAhVKwosBHQF9DvgQ4dUDCAw&uact=5#lrd=0x60188bef100a6727:0xef5ab922ea0fe0cf,1,,,)

弁護士法人 リーガル東京の債務整理費用

金額は目安となります。価格はすべて税別表記です。

自己破産

  • 着手金 20万円~(事案により10万円位減額するケースあり)
  • 成功報酬  20万円~(事案により10万円位減額するケースあり。免責を得たときに支払い)

個人再生

  • 着手金 20万~30万円(住宅ローンのリスケジュールや別除権協定締結が必要な場合は、40万~50万円)
  • 成功報酬 20万~30万円(住宅ローンのリスケジュールや別除権協定締結が必要な場合は、40万~50万円)

任意整理

※着手金と成功報酬金の最低額は、各5万円。

  • 着手金 基本1社2万円×債権者数
  • 成功報酬 基本1社2万円×債権者数
  • その他費用 減額報酬として届出債権額と和解金額との差額の10%相当額位を加算請求するケースあり。

過払い金請求

  • 着手金 基本 1社あたり0円から2万円
  • 成功報酬 回収過払い金の20%から24%相当額
弁護士に頼みたくてもお金がない…

金額の大小に関わらず、借金の返済におわれているという場合、弁護士事務所に問題解決を依頼したくても、弁護士費用の心配によって利用を躊躇してしまっている方は多いことでしょう。そんな時には、相談無料の弁護士事務所がお勧めです。また事務所によっては、費用の後払いや分割などに対応してくれるところもあるのです。一人で悩まずに、ぜひ専門家の弁護士に相談してみてください。

弁護士法人リーガル東京の特徴

多角的な視点から解決手段を提案

弁護士法人リーガル東京では、弁護士のほかに、税理士やフィナンシャルプランナーなども在籍。それぞれの分野に精通している専門家がいる強みを活かして、色々な角度から借金問題を見ることで、ベストな解決方法を探していきます。

また、不動産の分野にも強みを持つ弁護士法人リーガル東京には、宅地建物取引主任者の資格を持つ専門家が在籍しています。それに加えて、不動産会社とも提携することで、さまざまな住宅の処分方法の提案を可能としています。

低額料金を追及

借金で困っている人のことを考えて、弁護士法人リーガル東京では、弁護士費用を低めに設定しているとのこと。さらに、分割後払いに対応しているので、手元にまとまったお金がない方でもサービスが利用しやすい環境を実現しています。

価格を抑えられる理由のひとつとして挙げられているのは、さまざまな専門家がいることです。それによって、ワンストップサービスを行うことが可能となり、サービスの低価格化につながっています。

そして、護士法人リーガル東京は、債務の相談については何度相談しても費用が発生しません。債務整理で気になることがある方は、所持金のことは考えずに相談することが可能です。

利用しやすい立地環境

弁護士法人リーガル東京は、銀座本店と池袋支店の2つの店舗を構えています。銀座本店は、「東銀座駅」からは徒歩3分、地下鉄各線の「銀座駅」からは徒歩5分ほどで着く近さです。そして、池袋支店も、駅のすぐ近くに位置しています。JR山の手線や地下鉄丸の内線の「池袋駅」からは徒歩3分ほどです。

債務整理で悩みを抱える方にとって、通いやすい位置に事務所があることは、相談先を決めるうえの重要なポイント。その条件を、弁護士法人リーガル東京は満たしています。

代表弁護士:小林 幸与

弁護士のほかに、税理士とフィナンシャルプランナーの資格を持つ女性弁護士・小林氏。現在は、「弁護士法人リーガル東京」と「税理士法人リーガル東京」の2つの代表を務めています。

所属は第一東京弁護士会で、日本弁護士連合会の議員でもあります。弁護士会では、常議員・法律相談運営委員会委員・消費者問題対策委員会委員などに就任中。ほかには、東京税理士会や日本ファイナンシャル・プランナー協会にも所属しています。大学は、明治大学法学部を卒業。

弁護士法人 リーガル東京の債務整理の事例

任意売却と自己破産で債務整理し解消

埼玉県在住 会社員 木村様(仮名・40代男性)

木村様は、住宅ローンの返済が苦しいので、大手不動産会社に自宅の売却を相談しました。不動産会社営業担当者から、最初は、住宅ローンを全額返済できる金額で売却できそうだと言われていました。


しかし、その後売り出し価格の引き下げを何回か求められ、結局、数百万円以上も引き下げないと売買できないと言われました。最終的に抵当債務を損切りしないと売買できないことになりました。しかし損切り交渉については、売主である木村様本人が、金融機関と交渉をしてほしいと言われました。不安に思った木村様は、弁護士法人リーガル東京に相談しました。

解決の内容

木村様の住宅を無料査定したところ、抵当債務の損切りが必要な価格査定となりました。木村様から、抵当債務の損切り交渉を弁護士が行う条件での、任意売却を依頼されました。
木村様の希望で、自宅の任意売却した後に残った住宅ローンは、自己破産で整理しました。
引用元:リーガル東京公式HP
https://www.fudousan-law.com/cases-of-debt-settlement-by-voluntary-sale/

弁護士法人 リーガル東京の基本情報

事務所名 弁護士法人リーガル東京・税理士法人リーガル東京
代表弁護士 小林 幸与
所属弁護士会 第一東京弁護士会所属
所在地 【銀座本店】東京都中央区銀座6-12-10 旭ビル6階
銀座相談室
【池袋支店】東京都豊島区南池袋2-26-4南池袋平成ビル8階
アクセス 【銀座本店】地下鉄(銀座線・日比谷線・丸ノ内線)銀座駅より徒歩5分
地下鉄(日比谷線・浅草線)東銀座駅より徒歩5分
【池袋支店】(JR山手線・地下鉄丸ノ内線)池袋駅より徒歩3分
電話 【銀座本店】03-3569-0321【池袋支店】03-3980-2001