公開日: |更新日:

分割払いが払えない時の対処法

クレジットカードを滞納すると、どうなる?

ほしいものが多すぎて、ついつい買いすぎてしまう月もあるでしょう。それによってクレジットカードの支払いが困難になり、滞納してしまうケースも少なくありません。基本的にクレジットカードの滞納が起これば、滞納してから数日以内にカードの利用が停止となってしまいます。短期間の滞納であれば支払いを忘れてしまったという可能性があり、数字痛以内に支払いを済ませれば再度カードを利用可能です。

支払い予定日から1週間~4週間ほど経ってしまうと、電話や督促状などで催促の連絡が届くでしょう。すぐに支払える状況であれば問題ありませんが、もし支払いが難しいのであれば早めに伝えておくことが大切です。

もし2か月~3ヶ月も滞納してしまえば、カードの強制解約・信用情報機関へのブラックリスト登録などの手続きに移行します。さらに滞納期間が長引けば、一括返済の請求や強制執行による差し押さえが行われてしまうため注意が必要です。

ブラックリストに載ってしまうとどうなるの?

ブラックリストに登録されるのは、信用情報機関に事故情報が載るということです。借金の返済を滞納している、クレジットカードの強制解約が行われたなどの旨が載ってしまうので、今後のローンやクレジットカードの発行に悪影響をきたす可能性があります。ブラックリストに登録されている間は車・住宅・教育などのローンを組むことができず、クレジットカードの発行やキャッシングも利用できません。たとえばスマホなどを購入する際の分割払いも行えないリスクが高まります。基本的にブラックリストに登録されている期間は約5年ほどなので、その間は生活に支障があると考えた方が良いでしょう。

差し押さえは本当に行われるの?

クレジットカードの支払いを行わなくても、差し押さえられることはないと安易に考えている方もいるでしょう。しかし半年ほども滞納が続いてしまえば、クレジットカード会社は支払う意思がないと捉え、強制執行による差し押さえを行います。差し押さえは金融機関などが裁判所に申請を行い、承認されたうえで滞納者の財産を押収することです。まずは預貯金・給与の差し押さえを行うため、すぐに口座の使用ができません。また滞納していることが勤務先にもばれてしまうなどのデメリットがあるでしょう。

どうしても払えないときはどうしたらいい?

どうしても支払日までにお金を用意できないケースもあるでしょう。そんなときに適切な対応を取ることで、信用を失墜することもなく対処できる可能性もあります。具体的な対処法について見ていきましょう。

まずはクレジットカード会社に相談する

支払いが難しいと判明した時点で、早急にクレジットカード会社に連絡し相談してください。連絡をしたからと言って支払いがチャラになることはありませんが、連絡1本入れることによってカード会社への印象は非常に良くなるでしょう。延滞してしまった理由や返済できる期限などを共有し、今後の手続きの進め方なども確認してください。また状況によっては毎月の返済金額なども相談に乗ってくれる可能性もあります。

両親や友人に相談する

自分でお金を用意できないのであれば、信用できる両親・兄弟・友人に相談し立替てもらうのも一つの手です。一時的でも現金を借りることで、延滞遅延金などもかからず、クレジットカードの利用停止・強制解約なども発生しません。しかし身近な相手で会っても、お金が絡むことで関係性が壊れてしまい、今後の付き合いに影響をきたすこともあるので慎重に相談するかどうかを検討することが大切です。

弁護士や司法書士のサポートで債務整理を行う

どうしても自力で解決できない時は弁護士・司法書士のサポートを受け、債務整理を行うのも方法の一つです。分割払いが困難な時に債務整理を行うことで、今後の見通しが立てられるなどのメリットがあるでしょう。また専門家のアドバイスを受けることで、今後どのように行動したらよいのかもわかりやすくなります。

クレジットカードの支払いが困難なときに債務整理を依頼するメリット

状況にあった解決策を提案

債務整理と言っても任意整理・個人再生・自己破産の3つのやり方があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。そのため状況にあわせて、専門家の視点でどの方法が適しているのか解決策を提案してくれるでしょう。

手続きや交渉を代理で行ってくれる

クレジットカード会社と交渉を行う場合、どうしても知識や経験がなければスムーズに問題解決ができず、交渉すら乗ってくれないケースも少なくありません。弁護士や司法書士に任せることで裁判所での手続きだけでなく、交渉も行ってくれるので、よりスムーズに問題を解決しやすくなるでしょう。

督促をストップできる

督促の電話や通知が届くだけで、大きなストレスになりかねません。弁護士を代理人としてたてることで、「受任通知」をクレジットカード会社に届けることができ、督促などは全て弁護士が対応します。そのため自身のもとに督促状が届く心配もありません。

PICK UP 弁護士事務所

弁護士法人 東京スカイ法律事務所へ無料相談してみる