優しい債務整理@東京|生活を取り戻すためにまずは相談を > 債務整理に対応している東京の弁護士事務所

債務整理に対応している東京の弁護士事務所

債務整理は弁護士がお勧め、その理由とは…

こちらでは、債務整理は弁護士に依頼した方が、よりよい結果になりやすいという事に関して、様々な角度から理由をご紹介していきたいと思います。

そもそものお話として、人間誰しも借金をしたいと望んでいる方はまずいないことでしょう。何かしらの理由があって、やむにやまれずというケースがほとんどのはずです。例えば、勤務先の業績が悪化してしまい収入が減り、住宅ローンなどを穴埋めするために消費者金融に借り入れ…どんな方にでも起こりうることですね。

そうした借金を自力で返済できるのであれば、必ずしも弁護士の力を借りなければならないということはありません。しかし、返済が予定通りに進まないと、債権者からの督促も頻繁となり、また今後の返済への不安も増大し、精神的にまいってしまうことも多いはずです。そうした場合、うしろめたさや恥ずかしさから、弁護士への依頼をためらってしまうという気持ちもよく分かります。

しかし現実には、債務整理というものは早い段階で手をうつほど、よりよい結果になることの方が多いのです。例えば、住宅ローンの支払いが滞ることで自宅を失いたくないという場合、自己破産ではその望みは潰えてしまいますが、個人再生なら可能性は十分にあるからです。

繰り返しになりますが、借金の返済が困難となった場合は、すぐにでも債務整理を弁護士に相談しましょう。ご自身の抱えている状況や希望などを吟味した上で、適した解決策を提案してくれるはずです。

弁護士ではなく、司法書士に依頼するのはどうなのか?

債務整理を依頼できる専門家には、弁護士だけではなく、司法書士という存在もいることはご存知でしょうか?一般的なイメージとしては、弁護士と比べると幾分敷居が低く感じられ、より相談しやすいという雰囲気があります。

もちろんその道のプロであり、債務整理を司法書士に依頼するのも、選択肢として十分に考えられます。ただし、その場合は一点、注意しておかなければならないポイントがあります。

それは、司法書士が債務整理を行う場合、交渉権・訴訟代理権を持つことができるのは1社あたり140万円以下の場合に限られるということ。これは法律で定められている内容です。

例えば同じ300万円の借金を抱えている場合でも、3社から100万円ずつの借金であれば、司法書士でも対応できます。これが1社から300万円だと、司法書士では手続きに制約が生じてしまうため、弁護士事務所に依頼しなおす必要が生じます。この点は予め、しっかりと確認と把握をしておく必要があります。