借金脱出のための督促の対応

ここでは、借金を滞納した場合にどのようなことが起こるのか、分かりやすく解説しています。

「借金を滞納すると、どのように督促がくるの…?」
「督促を無視したらどうなるの…?」
「どんなところから督促が届くの…?」

など、滞納後の督促について疑問や不安のある方は、ぜひ参考にしてください。

滞納した場合の督促の流れ

クレジットカードや銀行カードローンなどで、「ついつい借り過ぎてしまった…」ということは珍しくありません。失業・減給やケガ・病気などで収入状況が変わり、返済が苦しくなってしまうこともあるでしょう。

そうなると、返済期日までに支払いができず、滞納してしまうこともあります。

このように、もし借金返済を滞納した場合、どのようなことが起こるのでしょうか?滞納後の流れを見てみましょう。

  1. 借入先から電話がくる
  2. 「督促状」が自宅に届く
  3. 「内容証明郵便」で一括請求される
  4. 裁判・支払督促を起こされる
  5. 差押えられる
  6. ブラックリストに載る

以上が大まかな流れになりますが、まずは、電話がかかってきて督促状が届くまでの流れについて、少し詳しく見ていきましょう。

1.借入先から電話がくる

返済金を期日までに入金できないと、まずは借入先から電話がくるのが一般的。タイミングは入金日の翌日や数日後、1週間後など借入先によってまちまちです。

電話は借入時に登録した番号(携帯や自宅電話)にかかってきますが、無視していると、職場などその他連絡先にかかってくることもあるので要注意。

電話では、「入金が確認できていない」「早めに入金してほしい」という旨を伝えられ、「いつまでに入金できるか」を聞かれるでしょう。これに対し、きちんと期日を約束して期日までに支払えば、それ以上事態が悪化することはありません(今まで通り分割払いで支払っていくことが可能)。

2.「督促状」が自宅に届く

督促電話を無視したり、約束通りに払わないと、自宅に督促状が届きます(※電話より先に督促状が届くケースも)。

差出人の債権者名(借入先の会社名)は、そのまま書かれているケースもあれば、伏せてくれているケースもあるよう。しかしどちらにしても、借金を家族に内緒にしている場合、この段階で知られてしまう可能性があります。

督促状には「未払いの元本と利息」「遅延損害金の金額」に加え、「早期に連絡してください」あるいは「早く入金してください」といった内容が書かれており、内容通りに元本・利息・遅延損害金を入金すれば、それ以上問題が大きくなることはありません。

しかし、この督促状を無視してしまうと、事態はどんどん悪化していきます。ここが1つのターニングポイントといえるでしょう。

督促を無視したらどうなる?止める方法は?

督促状が届くまでの流れを詳しく見てきましたが、もしその督促を無視した場合は、どうなるのでしょうか?

その後の流れも詳しく見てみましょう。

借金の督促を無視せず止める方法の詳細

どんなところから督促が届くの?

督促状は、借入先から直接届くものと、裁判所や法律事務所から届くものがあります。

裁判所から支払い督促・訴状が届いたら

裁判所から届く「支払い督促」や「訴状」について解説。無視するとどうなるかについてもまとめています。

裁判所から届く借金支払い督促・訴状を無視せず対応する方法

鈴木康之法律事務所から督促状が届いたら

なぜ鈴木康之法律事務所から督促状が届くのかを解説。鈴木康之法律事務所がどんな事務所なのかも紹介しています。

鈴木康之法律事務所からの督促状を無視せず対応する方法

子浩法律事務所から督促状が届いたら

なぜ子浩法律事務所から督促状が届くのか、子浩法律事務所がどんな事務所なのかを紹介しています。

子浩法律事務所からの督促状を無視せず対応する方法

高橋裕次郎法律事務所から督促状が届いたら

なぜ高橋裕次郎法律事務所から督促状が届くのか、高橋裕次郎法律事務所がどんな事務所なのかを紹介しています。

高橋裕次郎法律事務所から督促状が届いたら

駿河台法律事務所から督促状が届いたら

なぜ駿河台法律事務所から督促状が届くのか、駿河台法律事務所がどんな事務所なのかを紹介しています。

駿河台法律事務所から督促状が届いたら

引田法律事務所から督促状が届いたら

なぜ引田法律事務所から督促状が届くのか、引田法律事務所がどんな事務所なのかを紹介しています。

引田法律事務所から督促状が届いたら