DeRePay - 債務整理専門のWEBメディア » 個人再生に関する情報まとめ » 個人再生が家族や会社にバレるケースとは

公開日: |更新日:

個人再生が家族や会社にバレるケースとは

個人再生を検討しているものの、家族や会社に知られたくないという方もいるでしょう。この記事では、個人再生が家族や会社に知られるケースとしてはどのようなものが考えられるかをまとめています。

個人再生すると会社や家族にバレるの?

個人再生したことが会社や家族に知られてしまうケースとしてはさまざまなものが考えられます。

個人再生が会社にバレてしまう主なケース

個人再生の手続きをした場合、会社にバレてしまうことがあります。必ずしもバレてしまうわけではありませんが、下記のような状況の場合に、会社に個人再生をしたことが知られる可能性があります。

会社から借金、また社内貸付制度を利用している場合

会社から借金をしていたり、社内の貸付制度を利用している場合には個人再生の手続きを行ったことを会社に知られる可能性があります。個人再生を行った場合には、すべての債権者を平等に扱わなければならないという原則があります。そのため、会社からの借金を優先的に返済するということができず、結果的に個人再生することで会社に迷惑がかかってしまうケースがあります。

退職金見込額証明書の発行を依頼した場合

個人再生の手続きを行う場合には、退職金見込証明書の提出を行う必要があります。そのため、退職金があるという場合にはその見込額証明書を会社に発行してもらうように依頼しなければなりません。

ただし、証明書は住宅ローンなどの審査により必要などといった理由で発行依頼をすることで、個人再生を知られずに済む可能性もあります。

官報の掲載を見られた場合

個人再生の手続きを行った場合には官報に掲載されます。そのため、掲載を見られると個人再生を行ったことがわかります。個人再生を行うと官報への掲載は避けられないため、どうしても掲載されるのを避けたい場合には、任意整理を選ぶのも選択肢のひとつとなります。

個人再生が家族にバレてしまう主なケース

また、個人再生の手続きを行ったことが家族に知られてしまうケースとしては、下記のような例が考えられます。

同居家族がいる場合

個人再生の手続きを行う場合、同居家族がおり収入がある場合には家計収支書への記載が必要です。この場合、収入証明書が必要です。収入証明書は、給与明細と源泉徴収票のコピーを提出します。

さらに、家庭における支出について記載した家計表の提出も求められます。この書類には、光熱費や交際費、教育費などさまざまな項目について詳しく記載します。

個人再生の手続きには家族の協力が必要になるため、家族に知られずに手続きを行うのが難しい場合もあるでしょう。

家族が保証人となっている負債がある場合

個人再生を行った場合、保証人に借金の義務が生じることから、債権者から一括で請求が行われる可能性があります。そのため、家族が保証人になっている場合にはその家族に請求が行くことから個人再生の手続きをしたことがわかります。さらに、保証人となっている家族に大きな負担がかかることになります。

家族からの借金がある場合

さまざまなところから借金をしている場合には、家族からの借金がある場合もあるかもしれません。この場合も、個人再生を行うと、裁判所に提出した「債権者一覧表」に基づいて裁判所から債権者である家族に対して通知が届きます。

この「債権者一覧表」には借金をした先をすべて記載する必要がありますが、家族に知られたくないために故意に家族からの借金を記載しないと、個人再生手続きが棄却される可能性があります。

ローン支払い中の場合

個人再生の場合には財産の差し押さえは行われませんが、例えば車などローンを支払い中のものがある場合には引き上げが行われる可能性があります。また、今後ローンを組む予定があったとしても、個人再生を行うことにより信用情報に事故情報として記載されることから、ローンやクレジットカードが一定期間利用できなくなり、家族に知られる可能性もあります。

官報の掲載を見られた場合

前述の通り、個人再生を行うと官報に掲載されます。そのため、家族が官報の掲載を見つけること個人再生をしたことが知られてしまうことがあります。

まとめ

個人再生手続きを行ったことが家族や会社に知られる可能性についてまとめてきました。どうしても家族や会社に知られたくないという場合には、任意整理を検討するという選択肢もありますが、借金の減額効果が低くなってしまいます。

どの方法が良いのか迷った場合には、専門家に相談をしてみましょう。さまざまな状況を考慮した上で、適していると考えられる方法などのアドバイスをしてくれるはずです。

PICK UP 弁護士事務所

弁護士法人 東京スカイ法律事務所へ無料相談してみる