公開日: |更新日:

リボ払いの返済が終わらない時の対処法

リボ払いの借金が減らない・返済が終わらない理由

つい月々の支払が一定になるからと言って、リボ払いを選択しているケースもあります。しかしリボ払いでの支払いを選択し続けてしまうと、借金がなかなか返済できない「借金地獄」に陥ることもあるので注意が必要です。具体的にリボ払いの借金が完済できない理由を見ていきましょう。

そもそも手数料が高額

リボ払いは年率15~18%ほどの利率がかかります。この利率は消費者金融と同じ程度で、一般的なクレジットカードよりも割高な手数料と言えるでしょう。さらにリボ払いの手数料は元本に対してではなく、支払いの残高に対して発生します。そのため支払いの残高が高額になるほど手数料も高くなり、設定次第では毎月の支払が手数料だけになってしまうことも。その結果、残高がへることはなくリボ払いの返済をずっと継続する状況になるのです。

借金の残高が分かりにくい

リボ払いは毎月の支払額が一定になるというメリットがあります。しかし、その特徴によって自分の借金残高が分かりにくくなってしまい、使いすぎたと自覚できないのです。気が付けば借金が膨れ上がり、返済が困難な状態になることも少なくありません。その結果、いつまでも借金がなくならない状態になってしまいます。

リボ払いの返済を終わらせる方法

返済の増額

まずは支払いの残高を減らすことが一番重要になってきます。そのためリボ払いの設定金額をホームページなどで変更し、毎月の返済額を増やすようにしましょう。そうすれば支払残高が減るため、手数料の負担も抑えられます。

一括返済や繰り上げ返済を行う

リボ払いの借金を返済する簡単な方法が「一括返済」です。一括返済さえできれば、手数料も発生することもないため借金地獄からいち早く抜け出せるでしょう。ただ一括返済するためには多額の費用を用意しなければならないため、行えないという方も多いはず。その場合は「繰り上げ返済」を検討してみてください。繰り上げ返済とは毎月の返済とは別に支払い残高の一部を返済する方法で、借金の残高を減らすことが可能です。たとえばボーナスなどのタイミングで繰り上げ返済を活用することで、よりスムーズに返済への道筋が見えてくるでしょう。

金利の低いローンなどを活用

リボ払いは比較的金利が高いため、より利息の低いカードローンなどからお金を借りて、返済に充てるのも方法の一つです。ただ多額の借り入れを行っている、滞納があるような状態であれば審査に通らない可能性もあるので注意しましょう。また借金返済のために、新たな借金をするという仕組みなので根本的な問題解決ではありません。

リボ払いを任意整理するとどうなる?

リボ払いの返済を終わらせる方法として、任意整理するという手もあります。ただし任意整理を行う場合には、注意しておかなければならないポイントも。具体的な注意点を見ていきましょう。

ブラックリストに載る

任意整理を行ってしまうとブラックリストに載る可能性があり、社会的信用を落としてしまいます。もしブラックリストに載ってしまえば、数年間は新たなクレジットが発行できない、ローンが組めないなどのリスクが高まるでしょう。もちろん一生続くわけではありませんが、数年以内に住宅ローン・教育ローンなどを活用したいと考えている場合には慎重に検討することが大切です。

元金は減額できない場合がある

任意整理をしたからと言って、全ての借金がチャラになるわけではありません。利息自体をカットできたとしても、元金は減額できないため、月々の返済額を減らすために任意整理をしたとしても、状況によっては返済額が思うように減らないことも。もちろん交渉によって返済方法は異なるので、どの程度になるかは収入などで決められるでしょう。

重要なのは「自分で手続きを進めない」こと

弁護士にリボ払いの債務整理を依頼するメリット

リボ払い返済が困難になった際、自分で手続きをするのは控えた方が良いでしょう。

  • 取り立てを停止できる
  • 債権者と直接交渉してくれる
  • 手続きなどをサポートしてくれる

専門家に相談することで、上記のようなメリットが期待できます。債務整理は専門的な知識が必要となり、状況によっては弁護士を通さなければ取り合ってもくれないケースも。しっかりとサポートを受けることによって、日々のストレスからも解消できるでしょう。

PICK UP 弁護士事務所

弁護士法人 東京スカイ法律事務所へ無料相談してみる