個人再生

借金へお困りの方へ向けて、個人再生におすすめの東京の弁護士事務所や、手続きの方法・流れをまとめています。

東京で個人再生する時におすすめの方法

相談しやすい弁護士事務所を探しましょう

個人再生を考えるなら、交渉のエキスパートである弁護士事務所に相談するのがおすすめ。手持ちのお金が少なくても相談しやすい弁護士事務所(初回相談無料/土日相談と弁護士費用の分割払いに対応)を東京主要駅の各エリアで着手金が安いところを厳選して紹介します。

着手金 対応エリア
東京スカイ
法律事務所

公式HP»

TEL

19万円~ 全国
新都心
法律事務所

公式HP»

TEL

30万円 ホームページに記載なし
池袋駅
法律事務所

公式HP»

TEL

25万円~ 関東エリア周辺(詳細不明)
品川総合
法律事務所

公式HP»

TEL

10万円 東京・神奈川・埼玉・千葉
遠山
法律事務所

公式HP»

TEL

30万円 江戸川区・葛飾区及び近隣エリア
LSC綜合
法律事務所

公式HP»

TEL

30万円 東京23区・多摩・立川周辺(その他対応可)
多摩・相模
法律事務所

公式HP»

TEL

20万円 町田市を中心としたエリア(詳細不明)

※費用は税別です

弁護士法人 東京スカイ法律事務所の個人再生

東京スカイ法律事務所
引用元:東京スカイ法律事務所公式HP(https://www.tsky.jp/)

無料相談 分割払い 相談対応時間 電話対応
土日OK 土日OK

さっそく電話してみる
毎日9:00~21:00

まずは公式HPから
無料でメール相談してみる

個人再生の費用
  • 着手金:19万円(税別)~
  • 報酬:9万円(税別)~
  • その他:実費・日当50,000円程度、個人再生委員が選任される場合は個人再生委員報酬1.5万円~
特徴

良心的な費用設定が魅力。分割払いが可能(少額からOK)なのもうれしいポイントです。また、土日祝日や夜間の相談にも快く対応。他事務所で難しいと言われたケースでも相談できるようです。

口コミ
  • 評判もよく費用も比較的安いとのことで、無料相談をしてみました。先生もスタッフの方々も大変丁寧かつ親身にしてくださり、ここなら安心してお任せできると依頼しました。その後は先生の判断や助言に従うだけで無事免責となり、順調に再スタートをきれています。
    ※引用:自己破産の弁護士費用・手続き・その後の人生…なんでも解決!Q&Aサイト(http://www.personalbr-solutionqa.com/list/tokyo_sky.html)
  • 約2年前、借金で相談をしていました。電話の受付の女性にも弁護士さんにも、いい対応をしてもらえたと思っています。結果にも満足でしたので、とても良い法律事務所ででしょうか。今は交通事故に遭ってこちらにお願いしているところ。まだ決着していませんが、今のところ問題ありません。
    ※引用:自己破産の弁護士費用・手続き・その後の人生…なんでも解決!Q&Aサイト(http://www.personalbr-solutionqa.com/list/tokyo_sky.html)

相談する前に
公式HPをくわしくチェック

所在地 東京都中央区八重洲2‐5‐8日宝八重洲ビル5F
アクセス 「東京駅」(八重洲南口)、「京橋駅」「銀座一丁目駅」「宝町駅」
営業時間 9:00~21:00(電話対応時間)
定休日 ホームページに記載なし

新都心法律事務所の個人再生

新都心法律事務所
引用元:新都心法律事務所公式HP(https://www.s-law.jp/)

無料相談 分割払い 相談対応時間 電話対応
土日OK 土曜OK

さっそく電話してみる
平日・土8:00~20:00

まずは公式HPから
無料でメール相談してみる

個人再生の費用
  • 着手金:30万円(税別)
  • 報酬:30万円(税別)
  • その他:裁判所申立費用が約3万円(実費)、再生委員が選任された場合は再生委員報酬金として15万円
特徴

個人再生をはじめ、多重債務の処理を得意分野としている弁護士事務所です。新宿駅から徒歩3分とアクセスが良く、土日や夜間の相談にも対応。身近な法律事務所を目指し、相談しやすい環境を心掛けているのもポイントです。

口コミ

※口コミが見つかりませんでした。

相談する前に
公式HPをくわしくチェック

所在地 東京都新宿区西新宿1‐23‐1 TK新都心ビル9F
アクセス JR「新宿駅」(西口)
営業時間 8:00~20:00
定休日 日曜・祝日

弁護士法人心 池袋駅法律事務所の個人再生

弁護士法人心 池袋駅法律事務所
引用元:弁護士法人心 池袋駅法律事務所公式HP(http://www.bengoshi-ikebukuro.com/)

無料相談 分割払い 相談対応時間 電話対応
土日OK 土日OK

さっそく電話してみる
平日9:00~22:00
土日祝は18時まで

まずは公式HPから
無料でメール相談してみる

個人再生の費用
  • 着手金:25万円~
  • 報酬:不明
特徴

分野別にチームを組んで事件処理に対応。「債務整理チーム」は、月に2度は研究会を開いて勉強や情報交換を徹底しているそうです。

口コミ
  • だれにも相談できず、思いきって、行きましたが、少し、不安で、女性の弁護士さんで、話やすく、良かったです
    ※引用:弁護士法人心公式HP(http://www.kokoro-group.com/bengoshi/saimuseiri/voice-04/)
  • 債務整理に関しての知識を持っていない私に対して非常に丁寧に説明していただき、解決方法を提案して頂きました。まだ全て解決した訳ではないですが、先の見えない不安な気持ちから少し解放されました。
    ※引用:弁護士法人心公式HP(http://www.kokoro-group.com/bengoshi/saimuseiri/voice-04/)

相談する前に
公式HPをくわしくチェック

所在地 東京都豊島区南池袋2‐26‐4南池袋平成ビル6F
アクセス 「池袋駅」(西武口)より徒歩3分
営業時間 平日 9:00~22:00(土日祝~18:00)(電話受付時間)
定休日 ホームページに記載なし

品川総合法律事務所の個人再生

品川総合法律事務所
引用元:品川総合法律事務所公式HP(http://shinagawa-law.com/)

無料相談 分割払い 相談対応時間 電話対応
土日OK 土日OK

さっそく電話してみる
平日9:00~20:00
土日祝10:00~19:00

まずは公式HPから
無料でメール相談してみる

個人再生の費用
  • 着手金:10万円(税別)
  • 報酬:10万円(税別)
  • その他:東京地方裁判所に個人再生の申立てをすると、個人再生委員の報酬金として15万円が必要。
特徴

品川駅から徒歩3分というアクセスの良さが魅力。明確な弁護士費用もうれしいポイントです。相談は夜間にも行うことができ、最終の相談スタート時間はなんと夜の10時です(休日の相談も可能)。

口コミ
  • とても良い先生です。親身になって話を聞いてくれて、粘り強く交渉してくれる、今時珍しい弁護士さんだと思います。
    ※引用:google(https://www.google.com/search?sxsrf=ACYBGNQHm65W0BB6.46216..46903...0.0..0.100.245.2j1......0....1..gws-wiz.......0.srKrIzB2-yc&ved=0ahUKEwj5-6-77MrkAhU6x4sBHeIhBQcQ4dUDCAs&uact=5#lrd=0x60188a57a7fa98b5:0x59228848d8b43f08,1,,,)
  • 優しい先生です。
    ※引用:google(https://www.google.com/search?sxsrf=ACYBGNQHm65W0BB6.46216..46903...0.0..0.100.245.2j1......0....1..gws-wiz.......0.srKrIzB2-yc&ved=0ahUKEwj5-6-77MrkAhU6x4sBHeIhBQcQ4dUDCAs&uact=5#lrd=0x60188a57a7fa98b5:0x59228848d8b43f08,1,,,)

相談する前に
公式HPをくわしくチェック

所在地 東京都港区高輪4‐8‐9りぶ高輪ビル202号室
アクセス JR「品川駅」(高輪口)・京浜急行「品川駅」より徒歩約3分
営業時間 9:00~23:00
定休日 なし

遠山法律事務所の個人再生

遠山法律事務所
引用元:遠山法律事務所公式HP(http://www.toyama-kin3.com/)

無料相談 分割払い 相談対応時間 電話対応
土日OK 平日のみ

さっそく電話してみる
平日9:30~18:30

まずは公式HPから
無料でメール相談してみる

個人再生の費用
  • 着手金:30万円
  • 報酬:0円
  • その他:予納金・印紙等2~3万円、分割予納金15万円
特徴

葛飾区・江戸川区エリアを中心とした地域密着型の弁護士事務所。地元に精通したベテラン弁護士(弁護士歴30年以上・江戸川区法律相談を長年担当)が、親身に対応してくれます。

口コミ
  • 基本的に土曜日や日曜日はお休みとの事でしたが、急なトラブルで営業時間外にお電話しましたら、快くお電話で対応して頂きました。困っている時にはとてもありがたいと思いました。
    ※引用:まいぷれ(https://edogawa.mypl.net/shop/00000332844/bbs?id=70222)

相談する前に
公式HPをくわしくチェック

所在地 東京都江戸川区東小岩4‐15‐6
アクセス JR「小岩駅」(南口)より徒歩12分、バス停「江戸川病院(篠崎街道)」より 徒歩5分、バス停「歯科医師会館(柴又街道)」より徒歩3分
営業時間 9:30~18:30
定休日 土・日・祝

LSC綜合法律事務所の個人再生

lsc
引用元:LSC綜合法律事務所公式HP(https://www.lsclaw.jp/)

無料相談 分割払い 相談対応時間 電話対応
土日要相談 平日のみ

さっそく電話してみる
平日9:30~18:30)

まずは公式HPから
無料でメール相談してみる

個人再生の費用
  • 着手金:30万円(税別)
  • 報酬:10万円(税別)~
  • その他:収入印紙代、郵券代、官報公告費、再生委員報酬、過払金を回収した場合の報酬金、応訴または過払金返還訴訟費用、その他実費がケースにより必要
特徴

債務整理に力を入れている弁護士事務所で、債務整理にまつわる相談実績件数は2000件を超えます(実績は2019年9月時点のHP情報)。「引き直し計算(利息計算・元本充当計算)の代行サービス」を実施しているのもポイント。

口コミ

※口コミは見つかりませんでした。

相談する前に
公式HPをくわしくチェック

所在地 東京都立川市錦町2‐3‐3オリンピック錦町ビル2F
アクセス JR「立川駅」(南口)・多摩都市モノレール「立川南駅」より徒歩5~7分
営業時間 9:30~18:30(電話受付時間)
定休日 ホームページに記載なし

多摩・相模法律事務所の個人再生

多摩・相模法律事務所
引用元:多摩・相模法律事務所公式HP(https://tama-sagami.com/)

無料相談 分割払い 相談対応時間 電話対応
土日OK 土日OK

さっそく電話してみる
平日9:30~20:00
土日は17:00まで

まずは公式HPから
無料でメール相談してみる

個人再生の費用
  • 着手金:20万円(税別)
  • 報酬:10万円(税別)~
  • その他:被請求事件対応手数料32,400円、実費(交通費・切手代・印紙代など)は精算時に確定
特徴

町田市エリアを中心にサービスを展開。2名の弁護士・事務所員が一丸となり、幅広い法律問題に取り組んでいます。「士業はサービス業である」という意識を大切にしたサービスも特徴です。

口コミ
  • 丁寧で礼儀正しい対応をして頂きました。
    ※引用:多摩・相模法律事務所公式HP(https://tama-sagami.com/voice/voice2.html)
  • 清潔で声のトーンや話し方が実に良かったです。
    ※引用:多摩・相模法律事務所公式HP(https://tama-sagami.com/voice/voice2.html)

相談する前に
公式HPをくわしくチェック

所在地 東京都町田市森野1‐19‐5関口ビル4F
アクセス 小田急線「町田駅」(北口)より徒歩1分
営業時間 9:30~20:00(土日17:00まで)
定休日 ホームページに記載なし

個人再生を依頼する弁護士の選び方

弁護士事務所を選ぶ際には、以下の3つのポイントをまずチェックしましょう。

・個人再生など債務整理に関する案件の実績・経験は豊富か?
・債権者の借金を減らすノウハウや交渉術を持っているか?
・事務員などでなく、弁護士が直接話し合ってくれるか?

以上のようなポイントを確認しつつ、話しやすく“信頼できる”と思える弁護士にお願いしましょう。

債務整理の相談がしやすい東京の弁護士事務所_pc
債務整理の相談がしやすい東京の弁護士事務所_sp

個人再生とは

個人再生をする前に知っておくべき情報を、元弁護士の福谷さん監修のもとまとめました。

イメージ

監修者:元弁護士
福谷陽子さん

京都大学法学部出身。陽花(はるか)法律事務所を設立し、約10年間、離婚や債務整理、交通事故や各種の損害賠償請求、遺産相続などを多数手がける。その後、弁護士業から法律ライターへ転身し借金関係など幅広い執筆活動を行う。

監修者の福谷陽子さんについて»

個人再生は、借金の減額を目的に、裁判所を通して行う債務整理手続きの一種。

「再生計画」が認可されると、一定の基準にもとづいて債務が減額されます。

減額された借金については3~5年の間に返済しなければいけませんが、自己破産と違って、車や家などの財産を手放す必要がありません。また、手続き開始後は、借入先から強制執行されなくなるメリットなどもあります。

個人再生のメリット・デメリット

メリット

  • 大幅な借金減額が可能
  • 住宅ローンがあっても自宅を残せる
  • 愛車を残せる可能性が高い
  • 財産を処分しなくてよい
  • ギャンブルや浪費が原因の借金でも手続きできる
  • 職業・資格を制限されない
  • 貸金業者からの取り立てが止まる

個人再生は自己破産と異なり、持ち家や愛車を手元に残すことができる手続きです。また警備員や保険外交員など、職業制限の関係で自己破産しにくい方も個人再生であれば問題ありません。

デメリット

  • 官報に掲載される
  • ブラックリストにのる
  • 10年程度は新規借入やクレジットカード発行ができない
  • 一部の貸金業者を除いての手続きは不可
  • 自己破産よりは経済的負担が重くなりやすい

個人再生をすると「官報」に氏名や住所等が掲載されます。確かに官報は国が発行するもので誰でも閲覧可能ですが、日常的に一般人が見ているものではないので、官報が理由で知人に個人再生がバレるケースは少数です。

個人再生が利用出来る人

「借金返済が困難だけれど、継続した収入を得る見込みがある人」が主な利用者です。なお住宅ローン以外の借金総額が5,000万を超えていると、個人再生はできません。

個人再生による債務減額目安

  • 借入総額100万円未満:減額無し
  • 借入総額100万円以上500万円以下:100万円
  • 借入総額500万円以上1,500万円以下:5分の1
  • 借入総額1,500万円以上3,000万円以下:300万円
  • 借入総額3,000万円以上5,000万円以下:10分の1

個人再生の方法・流れ

1.弁護士への依頼受任

弁護士に個人再生を依頼し、弁護士が発送した受任通知が借入先に届くと、以後の取り立てや返済はストップします。

2.引き直し計算

借入先から開示された取引履歴をもとに、法定金利に基づく引き直し計算を実施。借金の額を確定させます。もし過払い金が発生していれば、借入先に返還請求を行うことができます。

3.申し立てに必要な書類を準備

弁護士や依頼者が申し立てに必要な書類の準備を行います。集める書類などについては弁護士から指示を受けられます。

4.裁判所に個人再生の申し立て

裁判所に弁護士が書類を提出し、個人再生の申立てを行います。東京地方裁判所では、裁判所によって個人再生委員が選定されます。

5.個人再生委員との面談

申立て後に、個人再生委員との面接が行われます。弁護士とともに出席し、借金の理由や具体的な内容、返済の見込み等について、質問を受けることになります。その後毎月の「予納金」の支払いが始まります。

6.再生手続きの開始決定

申立てから1ヶ月ほど経過すると、裁判所から「再生手続き開始決定」が出されます。

7.貸金業者による債権届出

再生手続き開始決定は債権届出書と一緒に借入先にも送られ、借入先はそれぞれが認識している借金額を裁判所へ届け出ます。

8.債権認否一覧表を提出

弁護士が、借入先が提出した債権届出書に記載された債権額を認めるかどうかの判断を行い、「債権認否一覧表」を個人再生委員へ出します。

9.再生計画案を提出

債権額が確定したら、弁護士が再生債権の支払い方法、条件などを「再生計画案」にまとめ、裁判所へ出します。

10.書面決議

裁判所に提出した「再生計画案」が要件を満たしていれば、小規模個人再生の場合は裁判所から借入先へ再生計画案・議決書が送られ、書面決議となります。過半数の債権者による異議がなければ可決されたとみなされます。

給与所得者等再生の場合は借入先の決議はなく、意見聴取が実施されるのみです。

11.再生計画認可決定

「再生計画案」の計画案どおり借金が返済される見込みがあると裁判所が判断し、また債権者の2分の1以上の反対がなく且つ反対した債権者の債権額合計が全債権額の2分の1を超えない場合は(小規模個人再生のケース)、再生計画認可決定が出されます。給与所得者等再生の場合にはそのまま認可されます。 約1ヶ月後に、認可された再生計画案が確定します。

12.返済スタート

再生計画案に沿って返済をしていきます。

個人再生の費用相場

個人再生の手続きを弁護士に依頼する場合の費用の相場は、以下のとおりです。

  • 着手金…30万円~
  • 報酬金:着手金に含む
  • 申請手続き費用(※裁判所費用):1万円程度
  • 実費…3万円程度
  • その他…個人再生委員が選任されるケースにおいては、東京地方裁判所等ではその費用として予納金20万円程度が別途必要です。

実費は、官報掲載料や、債権者への郵便代などです。

個人再生の資格への影響

個人再生には、自己破産のような資格制限はありません。この点は個人再生のメリットのひとつです。

また、個人再生が理由で職業上の影響も出ることはありません。

そもそも個人再生は、一定以上の収入がなければ利用できない手続きです。個人再生によって仕事を続けられなくなることは基本的にありません。

個人再生の資産への影響

個人再生においては、基本的に財産を処分する必要がありません。この点も、自己破産と比べて大きなメリットです。 ローン返済中の住宅であっても、「住宅ローン特例」が認められれば残すことができます。(その場合、住宅ローンは個人再生での減額の対象外です)

住宅ローン特例が認められるための条件は、以下のとおりです。

  • 本人が住宅を所有しており、かつ現在居住している
  • 床面積の2分の1以上が居住用である
  • ローン以外の借金の抵当権に設定されていない
  • 保証会社の代位弁済があり6ヶ月以上経過していない

ちなみに、車のローンについては特例措置が設けられていません。そのため個人再生をするとローン会社から車を引き上げられてしまいます(所有権留保がついている場合)。所有権留保付きでローンが残っている車は、通常は手元に残せないと考えましょう。